ヤマダ電機の中古PC販売

パソコンの中古販売は現在、いくつかの家電量販店で販売されていますが、ヤマダ電機の中古PCはOS付でも、格安の中古PCとして販売されているようです。


ヤマダ電機が低価格で販売している中古PCは、「ECOぱそ」と呼ばれていて、2005年9月に販売された中古PCは9,980円で販売されたことから、当時は話題を呼んだようです。


これは、ヤマダ電機が特別にマイクロソフトとの契約を結んだ為に実現したもので、新OSを搭載し、半年間のサポートを受けられるようになっています。


なぜ、こんな低価格で新OS付の中古PCが販売できるようになったのか?


その秘密は、マイクロソフト社の提供する「Japan Refurbished PC Program」と呼ばれる制度にあるようで、指定した基準をクリアした生産拠点で、新たにWindowsをインストールして出荷できる
というものです。尚、バックアップCDは添付されてはいません。


この制度を本格的に活用しているヤマダ電機以外に、他の数社が締結している模様です。


ヤマダ電機「ECOぱそ」は、多くの熟年ユーザーや初心者ユーザーにとっても、非常に有難いことで、セカンドマシンがほしいとか、これから初めてパソコンをやってみたいんだけど、最新の高いものは要らないといったユーザーの声に、見事にこたえてくれていますね。


ヤマダ電機の中古PC買取には2種類あり、ひとつは査定表に則っての通常買取で、XP搭載機種がその対象であり、もうひとつはWindows 98以降のOSを搭載しているもので、「100円買い取り」と
呼ばれています。


リサイクルマークが付いていない古いPCなどは、リサイクル費用を払う必要の無いヤマダ電機の「100円買い取り」してもらったほうが、断然お得ですよ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。